英会話型スクールの特徴・注意点

ネイティブ講師と英語でコミュニケーションをとることが主体の会話型のスクールです。とにかく、英語で話をしたいという人向けのスクールです。

幾ら知識があっても、会話が出来るとは限りません。会話というのはある程度の慣れが必要ですから、話せるようになるには実際に英語を話すという経験を重ねる必要があります。その機会を与えてくれるのが会話型スクールです。ネイティブ講師と実際に話が出来るのですから、会話の実践トレーニングという意味では非常に貴重な機会となります。

但し、知識がなければ会話が出来ないのも事実です。基礎力がない人間が幾ら実践経験を積んでも、あまり実力はつかないでしょう。会話型スクールを活かすには、ある程度の基礎力は絶対に必要です。

勉強型スクールの特徴・注意点

学校の授業のように、講師の講義を受ける勉強型のスクールです。これは文法、語彙力などの基礎を身に付けたい人向けのスクールです。

実践スキルより基礎力を向上したい人向けで、確実に実力をつけることが出来ます。但し、単調な勉強の繰り返しになりますので、飽きっぽい人は途中で嫌になるかもしれません。会話のレッスンも併設していて、たまに英語を使う機会があるスクールだとモチベーションを持続することが出来て、いいかもしれません。

勉強型スクールの場合、必ず日本人講師のいるところにするというのがポイントです。英語を話せない人が、英語で講義を聞いても分かるわけがありません。文法のような理論的に理解する必要があるものについては日本語で勉強するのが一番です。