グループレッスンの場合

それではグループレッスンの場合ではどうでしょう?

グループレッスンの場合でも、2~3人の小人数クラスから5~10人の大人数クラスまであります。特別な事情がないのであればグループレッスンで充分でしょう。クラスメートがいる事によって、「こんな表現方法があるんだなあ」、「こんな風に話せるようになりたいよ」と、いい意味で刺激になりますし、また、普段の生活では出会うこともないような年代や職種の人と知り合うこともできますので、人間関係の幅が広がり生活にハリが出てきた・・・なんという話も聞きます。

講師によってレッスンの価値が変化する?

マンツーマンでもグループでも、やはり講師によって価値は変わってきます。

せっかくマンツーマンをとっても自分の望む分野に不得手だったり、求めるレベルに達していなかった場合、何のために高い受講料を払っているのかわかりません。

また、単なる雑談で終始する講師なんていうのも論外。また、グループレッスンでも同じく講師の裁量が求められます。人数をコントロールできずに生徒同士で話させ、講師は出席簿をつけて・・・なんてのも論外です。

スクールの規模の大小を問わず、しっかりとしたカリキュラムがあり、講師もスタッフも自信を持って提供しているレッスンであれば安心、あとは自分の状況と目的で決めましょう。